あるまじろ日記

武装はそこそこに、ちいさいもの、です。

世界をぶっ壊してきたところ

結局わたしは泣いてしまうし

話はまとまらないし

ものすごく一方的になってしまった


3年近くも一緒にいたのに

あんなにずっと近くにいたのに

ほとんど全部を知っていたのに

こんな風に終わらせることしかできないんだなぁと、

自分の容量の小ささを恨めしく思うことしかできない。


綺麗な別れ方なんて、あるわけないとも思うけど。


世界で一番好きだった人に

きっとものすごく嫌われた。

それはやっぱりきついけど、


わたしは準備をしていたけれど

あの人にとっては突然のことで

しかもずいぶん一方的で、理解できない、納得できない説明だったのだと思う。

解決を放棄したのは本当。

だけど放棄した問題は、話したことだけじゃなかっただけ。

とにかくわたし個人の問題だと、ただそれだけの自分勝手な人間なんだと、そう思ってもらえればいい。

心の底で、まだ好きだと、嫌わないでと思っているけど

このまま隣で知らんぷりして生きていかれる自信はないから


どこでまちがったんだろう

どこまで戻ればあなたとずっと一緒にいられただろう

考えても仕方ないからもうやめて

いままでのわたしはもう死んだ


あたらしいわたしを生かしてあげて