あるまじろ日記

武装はそこそこに、ちいさいもの、です。

甘やかしすぎた私をみて

あんまりぴったりすぎて

頭のなかもう3時間くらい廻ってる


甘やかされすぎてきたの

その通りだから他になんにも言えなくて

ここに来ちゃいけなかった、

こっちに向かっちゃいけなかった、

そもそもはじめから、堕とされるべきではなかったと

もう何度も繰り返した言葉を

ばかみたいにまた巡らせて


なんにもできないの

なのに

それでもまだ

どうしてそんなにやさしいの


諦めはあるでしょうし

期待もされてない

それなのに

どうして側に置いといてくれる?


「甘やかしたいから甘やかしてる」


足下を掬われることば

いくつめだろう


あなたの前では決して泣かない