あるまじろ日記

武装はそこそこに、ちいさいもの、です。

9歳ならゆるされるのに

久々に、なんだか楽しめない飲み会でした。

子守してた一次会と、先輩との帰り道が楽しかった。


途中参加だから温度差が、ってわけでもない、と思う。

楽しくなさそうな先輩を見ていて、なんかな、って感じてしまった。

先輩が、ではなくて、まわりが。


不完全燃焼したまま、

ふたりでそれぞれアイスやらカップ麺やら買いに行った。

一人で飲みなおすのはさみしくてやめて、

一緒に飲みませんかとも言えなかった。

冗談めかすこともできなかった。

おつかれさまです、って別れた後に

「ごめんね」って聞こえた気がして

横断歩道のこっち側から、

聞き返したけど振り返ってはくれなかった。

なんでかすごくどきっとして、

全部まとめて自分がほんとに本気みたいでこわくなる。


別れることが嫌なのは、

情だけなのかと考えて

そんなことないと思いつめるけど


本当は


ほんとうは?