読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるまじろ日記

武装はそこそこに、ちいさいもの、です。

お風呂タイムの過ごし方

長風呂がたのしいお年頃。

ひえひえの足先がお湯に浸かってじわあーーーってあたたまっていくとほっとします。そして汗をかくまで浸かる。運動不足なのでせめて少しは代謝を上げようという気持ち(運動するべき)。

 

長風呂にはお供が必須で、その時々でいろんなものを持ち込むんだけど、これまでのバリエーションを挙げてみます。長くなる予感!

 

①文庫本

サイズ的にも時間的にも申し分ない相棒。湯気でしわしわになっちゃうので自分で買ったものしか読めないのと、長編小説に夢中になるとつい長湯しすぎてのぼせるのが注意点。そろそろ新しいのが欲しいけど、本棚が足りてない。こまった。

 

②雑誌

ファッション誌とかダ・ヴィンチとか日経WOMANとか、角川短歌、現代農業を読んでたこともありました。最近は毎月買ってる雑誌はないので、店頭で気になったものだけ。水濡れしても気にならないし、その時々で興味あるものしか読まないからすごくたのしい息抜き。ただし大概大きくて持つのがたいへん。お風呂のフタに置いたりもする。

 

③パズル雑誌

クロスワードとかお絵描きロジックとか。お風呂のフタに広げて解きます。非常にたのしいです。水滴が落ちてふやけることもあるけどえんぴつならにじまないし、タオルで拭けばそのうち乾くので問題なし。えんぴつはたまにフタの隙間に入って取れにくいけど、お湯に落としても大丈夫なよいこ。時を忘れて楽しめるけどやりすぎると肩とか首とか疲れてくる。何事もほどほどがだいじ。

 

スマホ

目が疲れるからあんまりしないけど、Twitterみたりブログのぞいたりブログ書いたり。設定に困ってたらお風呂が沸いてしまったのでとりあえず持ち込んでお湯に浸かりながら設定方法を調べたりもします。Podcastで英語聴きながら入ったりも。持ち込むときはジップロックに入れます。今のところ落としてはいません。

 

⑤ろうそく

洗面所で点けて、お風呂のフタかへりに載せて、見つめる。疲れたら見るのをやめてぼーっとする。なにか考えてるはずだけど覚えてないので考えてないのとおなじ。洗面所の明かりはつけたまま、浴室の電気を消すのがちょうどいいかんじです。消すときはフッて吹き消すのが好きです。誕生日の匂いの煙があがります。

 

以上!

今のところこれくらいです。ほかにもいい過ごし方あるかなー。

ふりかえる

今日を振り返る。

早いうちにやっておいた方が良かったことを夕方思い出してなんとか前に進ませた。やりたくなかったことに手をつけたら案外すんなり収まった。もっと正直に言おうとすると語尾に「はず」とか「たぶん」とか「今のところ」とかついちゃうけど、そんなの気にしてるとまた落ち込んできちゃいそうなので、ここは言い切っておく。あとでやっぱりだめでしたってなったって、ここに書いてるぶんにはだれにも迷惑かからないし。

 

1週間を振り返る。

仕事のこと、あんまり覚えていない。毎日会社に行っていたのに。休みの日は2日間しかないけどのびのびとした覚えがあって、そのせいか記憶がふんわりとひなたの色。悪いことは忘れる。過去は変わらないから。

 

1ヶ月を振り返ってもあんまり覚えてない、1年も同様。そういえば今いる場所に住んで1年が経った。そう思うとだいぶ慣れたし、そのわりにはまだまだこの町を警戒している。

 

ひとつひとつ今日を積み上げて行くしか、ないんだよねえ。

日光を浴びるとか、ケーキを買うとか

金曜の夜、しっかり焼肉を食べてしまったせいでひたすらおなかが重たかった休日。でもとてもとてもおいしくて大満足だったからいいの。体重はこれからなんとかする。

ちなみに行ったお店は鶴橋の「吉田」さんと「空」さん。どちらも人気店だそうな。たしかに混んでたしおいしかった。おいしかった……。

 

昨日はほとんど絶食、夜に野菜のみのスープを食べるくらいにしたので、今日はだいぶ良い調子でした。天気も良かったのでお散歩してスーパーとケーキ屋さんとクリーニング屋さんに行ったくらい。のんびり。

平日はほとんど一日中蛍光灯の下でブルーライトを見つめてるので、休日に日光をさんさんと浴びるとそれだけで安らぎます。心なしか身体も軽くなった気分。おひさまの下を歩き回るのは楽しいなあ楽しいなあと思ってるとほんとに楽しくなってくる。あたらしいケーキ屋さんも見つけて嬉しい。

 

フロマージュがおいしかったのよ

f:id:lru1537:20170226211533j:image

おしゃべりの必要性について

英会話教室に通っています。

オンラインの方が圧倒的にお手頃だけど、「自分が生徒という立場で過ごす」という体験をしたいがために、そして仕事を全く考えずにおしゃべりがしたいがために通っているようなものなので良いのです。

それはさておき。

会社の同期から珍しく電話がかかってきて、気づいたら1時間近く話してしまいました。つい喋りすぎちゃって申し訳ないことをした、と今になって思う。けどたのしかった。普段電話なんて上司か先輩か取引先ばっかりで、もうほんとに着信音が鳴るのも嫌なくらいなんだけれども、こうやって心を緩めて話せる相手が電話の向こうに一人でも二人でもいてくれるのはありがたいことだ。

仕事はきついことばっかりですが、同期には恵まれています。なかなか会えないけど。

 

今までならここで「だからわたしもがんばろう」と思えたのに、「それでも辞めたい気持ちで一杯」と考えてしまう今のわたし。

食べすぎさん

今日の夕ごはん。

ひじきの混ぜ寿司びんちょうまぐろ(半額)のせ と、大根と厚揚げの煮物(やっと食べきった)。

お腹いっぱい。

なのにそのあとチョコレートを食べてしまうのは何故。危うくクッキーにも手を出すところでなんとか抑え、代わりにおさかなソーセージを食す。どれだけのカロリーをとってしまったのか考えると恐ろしい。けどやめられない。なぜなの。

 

甘いものはそもそも大好きなんだけど、ここのところ自制がきかない。気づいたら手が伸びている。おデブちゃん一直線。

この無気力に名前をつけて

すごい。驚くほどやる気がない。仕事に対してこんなに意欲なくなったのはバイト含めて初めてよたぶん。もうどうにでもなればいいよ知らないよという気持ち。でもあとで困るのは自分だと思うと、そしてそれにより余計な迷惑をいろんな人にかけると思うと、胃は痛くなるけどでもやっぱり無気力。

 

理不尽なことばかり、いろんな方向から言われて、もうだめになりたい。いっそ壊れてしまえば、何も感じなくなってしまえば、と思ってもそうはならないし、高速道路で馬鹿な車が事故を起こすなら、巻き込まれるのは自分ならいいと思ってもそうはいかない。

 

みんなわたしをだめだと言う。

でも何がだめなのかは教えてくれない。

どうすればいいかも教えてくれない。

仕方ないから自分でやってみれば、また失敗してだめだと言われる。

 

わたしがいけないのはわかってる。わたしの物覚えが悪くて、わたしの要領が悪くて、わたしの言い方が悪くて、わたしの理解力が悪くて。

だれも助けてなんてくれない。

大目になんてみてくれないし、優しくなんかしてくれない。

早くいなくなればいいって、きっとみんな思ってるんでしょう?でも今すぐというわけにはいかないんでしょう?

 

どうしてわたしはここにいるの。

気づき

なんか喉仏?なのかしら喉のとこ出っ張ってる。こんなんだったっけ?この身体と付き合ってもうすぐ26年だけど全然気がつかなかった。おまえそんなに主張していたかい?

まあ特に不便ではないのでいいことにしよう。

 

他にも最近気づいたことがあって、例えばわたしはカフェインに弱い。朝コーヒーを飲んでお昼に紅茶を飲んだら午後ずっと動悸が止まらなかった。なのでカフェインを含むのみものは一日一杯までとしている。それから午後6時以降はカフェインはとらない。眠れなくなるから。

カフェインの錠剤とか飲んだら3日間くらい眠れなくなるんじゃないかと思う。

 

あと気づいたこと、ひとつのことだけをやるには飽きっぽすぎる。